由比ガ浜海水浴場「相席居酒屋形式、海の家」に『風紀乱す』と市が中止要請

由比ガ浜海水浴場「相席居酒屋形式、海の家」に『風紀乱す』と市が中止要請

相席居酒屋形式の海の家

海の家

7月1日に海開きをした鎌倉市の由比ガ浜海水浴場。
海開きに合わせて準備を進めてきた相席居酒屋形式の海の家に対し、鎌倉市側が6月末に中止を要請したことが話題になっている。

初対面の男女が相席し、出会いの場とする相席居酒屋。
気軽に出会えて交際に発展したり、婚活の場として人気が高まり、都内や関東圏内に70店舗ほどと店舗数を増やしている。

そんな相席居酒屋に対し、なぜ鎌倉市はNOを提言したのか?

問題視された過度な飲酒など風紀の乱れ

アルコール

アルコールを扱うため、入店できるのは20歳以上、女性は無料で飲み放題ができる相席居酒屋形式の海の家を想定していた店側。婚活応援、男女の出会いの場として「海水浴客に利用してもらい、『楽しそうな場所』と感じてほしい」としているのに対し市側は「市は近年、風紀の悪化を受け、海の家関係者や近隣住民らと改善に努めてきた。過度な飲酒や風紀の乱れを懸念する」とし、6月末に鎌倉市議会で取り上げ、同店が風紀の乱れに繋がると判断し店側に対し、営業形態の変更や出店の取りやめを申し入れた


松尾市長によれば「ここ数年取り組みを重ねてきてマナーの向上がかんじられるようになってきた。市に営業をやめさせる権限はないが、海水浴開設者として申し入れた」と話している。

「時代に合わない」と神奈川県知事は疑問視

海水浴

相席居酒屋形式の海の家に出店取りやめを申し入れた鎌倉市に対し、神奈川県知事の黒岩祐治氏は「男女が食事して風紀が乱れるって時代に合わない」と疑問視する声を投げかけた。
神奈川県としても婚活を後押しする出会いのイベントを開いているだけに、市の決定に対して違和感を抱いているようだ。

SNS上では「取りやめは厳しすぎ」「時代錯誤」という県知事の意見に賛同する声が上がる一方、「家族連れが安心して過ごせる海水浴場にふさわしくない」「一時の集客以上に鎌倉のイメージを守るための中止要請に拍手」といった声も。

様々な意見が飛び交う今回の相席居酒屋形式の海の家。
現在営業は協議中となっている。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!